米海兵隊は常に射撃訓練を強調しており、近距離であろうと長距離であろうと、その部隊に敵と交戦し破壊するために可能な限り最高の武器を提供しようとしてきました。 Trijiconとの契約を結ぶことで、いずれの海兵隊員にもACOG(Advanced Combat Optical Gunsight)が装備されるようになり、すべての海兵隊員をさらに手ごわい目印にするための大きな一歩となった。

海兵隊が採用した光学系は基本的にはACOGのTA3タイプですが、その海兵隊員指定はRCO(Rifle Combat Optic)です。