寒さがあり、それから寒さがあります。 この話は後者のカテゴリに当てはまります。 米陸軍アラスカの第4歩兵旅団戦闘部隊(空挺)、第25歩兵師団を含む空挺部隊のチームは、北極圏の北のアラスカのツンドラに飛び込み、運動の間にマイナス30度の気温とマイナス56度の冷気係数を記録先週のペガサス15。

この訓練シナリオの間の兵士の使命は、誤った人々によって使われると国家安全保障に脅威をもたらす可能性がある機密データと機器を含む墜落した衛星を見つけて回復することでした。

  • 関連ストーリー:アークティックプルーフ - サブゼロ温度に対するARの最適化

もちろん、衛星がシミュレートされたので、この演習の本当の目的は「凍った地形での兵士の移動を検証する」ことでした。これは「米陸軍アラスカの陸軍最北端部隊としての能力の重要な基本」です。

150人の兵士がExercise Spartan Pegasus 15に参加しました。この演習は、アラスカのJBERの共同基地Elmendorf-Richardsonから800マイル以上北で行われました。 彼らは2機の空軍C-17グロベマスターIII機と2機のアラスカエアガードC-130ヘラクレス機に到着した。 ジャンプは約1, 200フィートで航空機から行われ、凍結空気を介して時速200マイルで移動しました。 何人かの兵士は凍傷しました、しかし、彼らはすぐに「小さい単位支持車」とチヌークヘリコプターで避難しました。

米陸軍アラスカの作戦部長、ジェフリー・クラポ大佐によると、小さな偵察チームがスキーを運びながらジャンプし、残りはスノーシューを運んだ。

着陸すると、スキーをしている兵士は衝突した衛星に素早く移動し、スノーシューをしている兵士は警備区域を設定した。 ホッキョクグマがその地域に生息し、そして本当の危険をもたらすので、実際には何人かの兵士が生きた弾薬を持った狙撃兵を務めました。

機材が破裂した。 たとえば、多くのSUS-V追跡車両は動作を停止し、一部の航空機には問題があり接地されていました。 しかし、運動Spartan Pegasus 15は成功と見なされました。

  • 関連ストーリー:ビデオ - MUTT War Robotは陸軍のPacific Commandでテスト済み

兵士のパフォーマンスに加えて、演習の成功に貢献した重要な要素の1つは、第307の探検隊大隊、第5166の信号旅団によって提供された指揮統制通信でした、と陸軍は言います。 任務は、ユニットによって指揮所ノードが設立された最も北の北であった。

一日の仕事に悪くない。

Brig氏は、次のように述べています。 ローレンスF.「ラリー」トムズ将軍、指揮官、第311指揮官(劇場)、米陸軍大隊司令部G-6。 「陸軍のコミュニケーターの任務はあらゆる環境で作戦指揮官を​​可能にする準備ができているので、我々は生き残るために訓練しなければならず、極端な寒い天候で戦う必要があります。」

トムズは外国の軍事オブザーバーのグループと一緒にジャンプを見ました。

「私たちの兵士たちは極寒のままでいなければなりません」とThomsは付け加えました。