ロサンゼルスの警察官のペアは、任務で殺された将校の家族のためにお金を集めるために、ロサンゼルスからサクラメントまでの12日間の420マイルの走行を開始しました。

KABCによると、Joe CirritoとKristina Tudorの両氏は、日曜日の朝、Los Angeles Police Academyで、Project Endureという壮大な旅を始めました。 それは、ほぼ2週間後の12月8日に州都のカリフォルニア平和担当官記念館で締めくくります。

CirritoとTudorは20マイルごとにオフになるので、それぞれが近くのレクリエーション車に乗って休憩する機会を得ます。 NBCベイエリアによると、役員はタンパク質や炭水化物、そしてGatorade、ソーダ、水でいっぱいの食べ物にアクセスできるという。

  • 関連ストーリー:警察のストーリー - 精神病患者との対戦

走りが十分に難しくなかったかのように、CirritoとTudorはクラスAの警察の制服を着ています。これにはおよそ25ポンドの装備があります。

「私は気分が良く、本当に気分がいいです。 私たちには長い道のりがあるので、あなたは約200マイルかそこらで私に尋ねることができます」とオフィサーCirrito、47はCBSサクラメントに言いました。

LAPDのメトロポリタン部門で活躍するウルトラマラソンランナーのTudor(30歳)は、「未知の世界へと進もうとしている」と、ラン開始前にNBCベイエリアに語った。 「私たちが自分自身について学んでいることは間違いなく存在していることさえわからないということがあります。」

両方の役員は、トレッキングの準備をするために過去数ヶ月にわたって広範囲にトレーニングをしてきました。

  • 関連ストーリー:エージェンシースポットライト - Cramerton Police Department

メディアで広く報道されているように、それはLEOにとって非常に困難な年でした。 CirritoとTudorは、この走りが殺害された将校の家族に影響を与えることを願います。

「これは私にとって名誉です」と彼は言った。 「これは、法執行機関にとって非常に厳しい年でした。 私が制服を着て走るのを楽しむ最大のことは私が人々と話をすることです。 私たちが人間であることを人々が理解することはとても重要です。」

ランから集められたすべての資金はCOPS(警察生存者の懸念)とロサンゼルス警察記念財団に行きます。 Project Endure GoFundMeページにアクセスしてください。