2017年には、海兵隊員が火災支援を要請する際に、ターゲットハンドオフシステムバージョン2と呼ばれる新しい市販のスマートフォンシステムの使用を開始します。

  • 関連ストーリー:海兵隊員は9mmグロック19を越えて.45コルト1911を選びます

軍団の現在の目標ハンドオフシステムの最新版であるTHS V.2は、安全なデジタル通信を使用して、目標を見つけ、全地球測位座標を特定し、航空、陸上および海上火災支援を要請するために降りた海兵隊によって使用される。 それはレーザー距離計、ビデオダウンリンク受信機と戦闘ネットラジオを特徴とします。 下記のプレスリリースの詳細:

THS V.2海兵隊システムコマンド担当プロジェクトオフィサー、ジェシー・ヒューム大尉は、次のように述べています。 「新バージョンでは、海兵隊員は、味方と敵の場所がどこにあるかを即座に状況認識し、目標データを射撃支援に渡して戦場に迅速な効果をもたらすことができる軽量装置を手に入れるでしょう。」

THS V.2はまた、海兵隊が補給任務をより正確に調整し、付随的な被害を最小限に抑えることを可能にしている、とHumeは述べた。

THS V.2は市販のスマートフォンを使用しているため、システムの総重量が約20ポンドから10ポンドに減少し、持ち運びが簡単になります。 それはまた、新しくより直感的なソフトウェアを特徴としています。 情報は暗号化された戦闘ネット無線を介して送信され、ミッションのセキュリティを確保します。

THSのアシスタントエンジニアであるMatthew Bolenは、COTS製品を使用することで独自のハードウェアに投資するコストを削減し、軍団に新しい技術を装備するのにかかる時間を短縮すると語った。

「新しい商用製品では、THS V.2は以前のシステムの半分の価格になる一方、ハンドヘルド技術と暗号化における現在の進歩のスピードを取り入れます」と彼は言いました。

THS V.2は前方監視者、航空管制官、共同ターミナル攻撃管制官による使用のために設計されており、迅速かつ正確に目標の位置を決定し、データを支援武器の要素にデジタル送信(ハンドオフ)することができます。 このシステムは、海兵隊員によって識別されたターゲットの座標を自動的に生成し、その情報をスマートフォンにあらかじめインストールされている地図アプリケーションにデジタル化するので、手動入力が不要になります。 デジタル化されると、その情報はFire Support Coordination Centerに送信され、そこで適切な攻撃方法が決定されます。 FSCCはそれから、脅威を消すために航空、砲兵または海軍の射撃支援を調整します。

「THS V.2は、地上戦闘部隊ユニットまで、組込みのリアルタイム戦術情報を分隊レベルまたは小隊レベルまで提供します」と、Gunnery Sgtは述べました。 Nicholas Tock、THSオペレーションチーフ。 「私たちがパトロール中で、機関銃からツリーラインで連絡を取っている場合、数時間に1回通過する衛星は歩兵ユニットがその目標を殺すのを助けようとはしていません。 THS V.2はその接近戦のためのものです。」

システムのアップグレードされたソフトウェアは、日常のモバイルユーザーによって使用されるオペレーティングシステムに似た新しい、わかりやすいインターフェースを含みます。 THS V.2には、設定からトラブルシューティング操作までの段階的なチュートリアルを含むプレインストールされた「スタートガイド」ヘルプアプリも付属します。

MCSCの航空・ミサイル研究開発・エンジニアリングセンター担当のChuck Schuster氏は、次のように述べています。「スタートガイドは、セットアップ手順、トラブルシューティング手順、その他多数のクイックリファレンス資料を網羅する直感的なアプリです。 「海兵隊員のためのシステムにこのような機能がプレインストールされていることを私たちが知るのは今回が初めてです。」

THS V.2はMCSCの合同射撃および複合武器兵器庫の一部です。 共同射撃は、共通の目的を支持して協調行動で2つ以上の構成要素からの力を伴う共同環境での武器システムの使用を説明します。