海兵隊のスローガンは、「The Few」です。 誇りに思う。 来年、軍団が新しい広告キャンペーンを展開する準備をするにつれて、海兵隊員は変化しているかもしれません。

「 『ほとんど、自慢しない』は他の支店とは一線を画し、新入社員として名高い存在にしていますが、何をしているのか、なぜ存在しているのかについては何も述べていません」海兵隊募集スポークスマンは、海兵隊タイムズに言った。 「新しいキャンペーン商品には、この取り組みの目的を達成するために独自のキャッチフレーズが必要だと考えています。」

関連ストーリー:海兵隊員は9mmグロック19を越えて.45コルト1911を選びます

タイムズ紙によると、コールドウェル氏は、広告キャンペーンJ.ウォルター・トンプソン氏が率いるこの新しいキャンペーンがもたらす3つの異なる概念に焦点を当てたものについて、具体的な詳細を明らかにしなかった。 、その国の戦いと戦い、そしてその国の地域社会に正しいことを求めて戦ってください。

「新製品は、私たちが戦うためにすることすべて - 私たちが勝つつもりであるという戦い - を組み立てるつもりです」と彼は言った。

広告キャンペーンは、今年後半または2017年初めに承認のため海兵隊の指導部に提出されます。

すぐにわかる「少数」。 誇りに思う。 「海兵隊」というスローガンは、1977年にJ. Walther Thompsonが最初にテレビコマーシャルでそれを使用して以来、40年近く使用されてきました。 J. Walther Thompsonのウェブサイトは述べています。

関連ストーリー:Frogmen Firepower - Heckler&Koch、コルト、FN | ダイビングレディカービンズ

しかし、タイムズ紙が報じているように、過去40年間に募集が唯一の海兵隊のスローガンではない。 「もし誰もが海兵隊に入ることができれば、それは海兵隊員ではないだろう」と「我々は少数の善人を探している」も使われてきた。

「これらのキャッチフレーズのそれぞれは、彼らが求められてきたさまざまな時代における教育機関のニーズを解決するのに役立つという明確な目的を果たしてきました」とコールドウェル氏は言います。

続きを読む://www.marinecorpstimes.com