国防総省のサイバーコマンド担当責任者は月曜日、議会は潜在的に壊滅的なサイバー攻撃から国家を守る責任を負う連邦機関の役割、基準、および権限を定義するために浪費する時間がないと述べた。

それに応じて、上院国土安全保障および政府問題委員会委員長のJoe Lieberman(I-Conn)は火曜日、米国サイバー司令部(USCYBERCOM)の司令官Keith Alexanderが「驚くべき一連の統計を提供しました。サイバースパイやサイバー犯罪による苦しみ。 一般に、米国は知的財産の窃盗で年間2, 500億ドル、金融の窃盗で年間3, 380億ドルを失うと推定している。 パブリックドメインでもプライベートドメインでも、これらの数字が私たちのサイバーセキュリティの向上を主張していないのであれば、何ができるのかわかりません」

AlexanderはAmerican Enterprise Instituteの演説で、サイバースパイ活動の結果としての所有権と知的財産の喪失は「史上最大の富の移転」であると述べた。

「それは私たちの目の前に消える私たちの未来です」と、企業はサイバースパイやサイバー犯罪に対する防御、予防、緩和のために昨年1兆ドルを費やしたと見積もっているとアレキサンダー氏は述べた。