ロサンゼルス郡保安官局は、現場で作業する代理を支援するために無人機を使用し始める予定です。

LA County Sheriff Jim McDonnell氏は、先週末の記者会見で発表された1万ドルの装置は、放火現場、爆弾の脅威、人質事件のような危険なシナリオにおいて、代理人に戦術的な優位性を与えると述べた。 彼は、住民を「見張る」ために慣れることはできない、と彼は約束した。

  • 関連ストーリー:Drones in the Sky - 3つのUAVによる法執行機関の検討

「法執行機関の危険性を排除することはできません」とマクドネル氏は述べた。 「ただし、このテクノロジは、人的リスクの影響を減らすのに役立ちます。」

完全に充電されると、新しい無人機は最大20分間空中に留まることができます。 それはまた400フィートもの高さまで走行して50 mphを超える最高速度に達することができる。 それはiPadが装備されているリモコンを介して操作されるので、代理人はカメラが見るものを見ることができます。 連邦航空局(FAA)の規則によると、デバイスを使用する代理人は、それが空中にいるときは常にそれと視覚的に接触する必要があります。

  • 関連ストーリー:Eye in the Sky - 偵察のための現代のUAV

これまでのところ、8人の議員がドローンを使用する訓練を受けている、と部門の特別執行局のジャック・エウェル大尉は言った。

マクドネル氏によると、現在、FAAが無人偵察機を使用する権限を持つ300以上の部門があり、そのうち30がカリフォルニア州だけである。

続きを読む://www.latimes.com