FN Americaは、FN 15シリーズを5.56 x 45 mmおよび0.33 AACブラックアウトの新しいFN 15 DMR IIおよびTactical Carbine IIでアップデートしています。 全室にM-LOK技術を採用した新設計のFNハンドガードが付いています。

  • 関連ストーリー:FN 15 Tactical - ライフルのFNブラックアウトビースト

6061アルミニウム構造を誇るFNハンドガードは、時計回りに締め付けられたウェッジロックとレールとレシーバー間の移動を防止する回転防止ピンを使用して、バレルとバレルナットの上から上部レシーバーにロックすることで取り付けられます。 。 取り付けは、バレルナットの溝の底に突き当たる2本のネジで行います。

プレスリリースによると、ハンドガードの位置合わせ機構は、たわみを最小限に抑えながら最大の剛性を提供し、それによって取り付けられた付属品が発射中に加えられる圧力にもかかわらず、ゼロのずれなしに固定されることを保証する。

コマーシャルおよび法執行機関のセールス担当シニアバイスプレジデントを務めるJohn Keppelerは、次のように述べています。 「市場でのハンドガードの選択肢を評価し、このラインの次の進化は、フィット感と仕上げ、そして正確さという点で、顧客の期待を上回る性能を必要とすると判断しました。 我々はこれらの新しいライフル銃がまさにそれをすると確信しています。」

  • 関連ストーリー:Ready、Aim、Rifle - 2016年のトップ5ライフル銃

FN 15 DMR IIのMSRPは1, 999ドルで、5.56 x 45 mmおよび0.33 AACブラックアウトのFN 15戦術的なカービン銃IIは1, 599ドルです。 それらは年末までに購入可能になるでしょう。

FN Americaとその製品の詳細については、www.fnamerica.comをご覧ください。