米海兵隊は航空機の最初の海外配備のために日本にF-35B合同砲撃戦隊を送っています。

プレスリリースによると、第3海兵隊の翼を持つF-35B艦隊である海兵隊戦闘機攻撃隊121(VMFA-121)は、月曜日にアリゾナの海兵隊航空基地を出発し、岩国海兵隊航空基地に向かった。

  • 関連ストーリー:F-35A Lightning IIが空からの最初のショットを成功裏に発射

この点に到達するのは長い道のりでした。 VMFA-121は、以前はF / A-18ホーネット戦隊でしたが、2012年に最初のF-35B戦に戻りました。その年の11月20日に、VMFA-121は軍団の最初の運用F-35戦隊として命名されました。 2015年12月、VMFA-121のF-35Bは、空と地上の戦闘要素の能力を統合して厳格な環境で幅広い軍事作戦を遂行する実戦演習、エクササイズスチールナイトに参加しました。 その演習の間にF-35Bは非常によく機能したと、軍団は言います。

2016年10月、F-35BはUSSアメリカの開発テストIIIおよびライトニングキャリアの概念実証に参加したときに再びテストを受けました。厳しい海上条件。 軍団は2018年から米海軍の水陸両用船にF-35B配備を実施すると言っています。

  • 関連ストーリー:海軍のF-35CライトニングIIが最初の空母着陸

F - 35Bは最終的に海兵隊のF / A - 18ホーネット、AV - 8BハリアーとEA - 6Bプラウラーに置き換えられます。

「短い離陸垂直着陸航空機は本当の力の乗数です、」とリリースはF-35について言います。 「ステルス、最先端のレーダーとセンサー技術、そして電子戦システムのユニークな組み合わせは、第五世代の戦闘機、近代的な爆撃機、そして悪天候、全脅威の環境での航空支援のすべての接近と致死能力をもたらしますプラットフォーム」