コロラド州の米国北部指揮官は、地震、津波、および原子力危機の後、アメリカのサービス要員の5, 200人以上の家族が日本からアメリカに渡航したと述べている。

Northern Commandは火曜日、カリフォルニア州のTravis Air Force BaseとSan Francisco International Airportを経由して約2, 600人が到着したと述べた。 シアトル - タコマ国際空港は2, 100人の人々を受け入れました。 別の500人がデンバー国際空港を通って戻った。

トラヴィスとシアトルとデンバーの空港の受付センターは、家族が一時的な宿泊施設、食べ物、ペットの世話などの宿泊施設を手配するのを助けています。

ノーザンコマンドはコロラドスプリングスにあるピーターソン空軍基地に拠点を置いています。 それは、米国の土壌の軍事防衛および自然災害または人的災害による民間機関の支援を担当しています。

ソース:シアトルタイムズ経由のAP通信。